和尚の大阪サウナブログ

大阪の銭湯、サウナ、行ったとこ記録

生野区 南生野温泉

職場が近いので生野区内の銭湯に行くことが多いのだが、ここは結構な頻度でお世話になっている。

 

浴場も狭く、管理面もイマイチ、フィンランド式サウナは背もたれ部の板が朽ち果てており、背中を預けるのを躊躇してしまうレベルだ。

束で置かれた備長炭にはカビが...マットにもシミが...

温度は95℃程度で丁度良く、テレビ無しで昭和の歌謡曲が流れる雰囲気は悪くないが、なんせ汚いので衛生面が気になる人は無理だと思う。

 

水風呂は一人用の小さいのが一つだけ、温度は17℃〜18℃程度。

 

良いとこ無しに思える銭湯だが、ミストサウナだけは最高だ。

センサー感知一発で排出される蒸気の量が多いので、センサーに水をかけて2連発にすると、天井タイルの目地が見えなくなる程の高温蒸気を頭上でモヤモヤさせることが出来る。

そのモヤモヤに向かってタオルを振り回すと、鶴橋延羽の湯のロウリュウを軽く超える激熱が味わえる。

真っ赤になった体を水風呂にドボンすると、手足超ジーンで頭パカーンで最高だ。(分かる人には分かるはず)

休憩用の小さい椅子が水風呂の横に一つだけあるのだが、僕以外座っているのを見たことがないので勝手に自分専用みたいに思っている。

客のマナーは全体的に悪くないが、サウナ客だけがマナー悪い。何故か掛け水無しで水風呂にドボンする客が多い。(福徳温泉で勉強してもらいたい)

ミストサウナの入り口ドアは超重く、熱さに驚いて慌て出ようとした客が足を挟んでいるのをよく見かけるので、要注意。